一人暮らしの生活をより楽しくおしゃれに!

  1. ホーム
  2. 一人暮らしひとくちメモ★
  3. 一人暮らしの収納術!~姫部屋ができるまで~

ワンルームでの一人暮らし。憧れの姫部屋を自分で作っちゃいました!

一人暮らしの私の部屋は、数年前まで、統一感もなく、すぐ散らかってしまう部屋でした。
コンセプトもないし、友達を家に呼ぶなんてもってのほか。常にものでごった返していたんですから。

そんな私が一念発起して、いわゆる「断捨離」を行ったのです。

本棚から、クローゼットから、台所の戸棚から、とにかくすべて、
ものを一旦外に出して、(泥棒でも入ったかの状態)それを、本当に要るものと要らないものとに分けました。
ゴミ袋は10袋くらい出たんじゃないでしょうか?

要るか要らないか判断できないものは、「とりあえずBOX」をつくって、
そこに入れておきました。それにしても、片付けをしながら、「私こんなの持ってたの?」
と驚くことばかり。大量のゴミ袋を捨てた時には、部屋も気分も爽快でした。
とりあえずBOXには、一ヶ月触ることがなかったものをいれて捨てることにしました。

私の場合、この断捨離に合わせて家具やカーテンなども新調して、
自分がずっと住みたかった部屋を作ったのですが、とにかくうちの部屋は収納が少ないのです。

これは、自分で工夫するしかない。利用したのは100均と、ホームセンター。

買ったのは、突っ張り棒とベッド下収納、それから、ドアフックというんでしょうか、
ドアの上に取り付けてものをかけれるようにするあれです。
突っ張り棒は大小20本くらい買ったんじゃないでしょうか。
洗濯機の上に5本くらいの突っ張り棒を並べて、タオル置き場と洗剤置き場をつくりました。
洗面所には、ドアの上のスペースに突っ張り棒数本でヘアアイロンやドライヤー置き場を作りました。
ベッド下収納は大きいものをふたつ。これは、ひとつは捨てたくても捨てられない書類などを
なんでもかんでも収納、ほとんど触ることもありません。もうひとつは、
化粧品のストックなどを入れてよく出し入れするものになりました。
ドアフックは先がダイヤモチーフになっていてそれだけでかわいいんです。
次の日着ていく服を掛ける場所になりました。

一人暮らしを始めてからいつも散らかりっぱなしだった私の部屋は、それ以降、散らかることがなくなりました。

だって、散らかすものがないですし、皆帰る場所があるからです。
そして、念願叶って、クリスタルモチーフのものを集めたようなかわいらしい「姫部屋」にすることができました。

住みたい部屋をつくるなら、コンセプトや色などを決めてから
それに向かってまずいらないものを捨てることから初めてみてはいかがでしょうか。

【Piyon's ライフサイズ 当記事のキーワード】断捨離,コンセプト,本棚,クローゼット,突っ張り棒,姫部屋,一人暮らし